名前から探す

オリゴ乳酸[LAC]と
腸内環境

オリゴ乳酸[LAC]が人体の最大の免疫器官、腸の役割を助ける

現代人は、食習慣や生活習慣の乱れ、ストレスなどによって腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が過剰になりやすい環境で生活しています。それだけではありません。いくら気をつけていても、善玉菌は加齢とともにその量が減少することがわかっています。腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れ、悪玉菌が優位になった状態こそ腸内環境が悪化した状態です。そして腸内環境が悪化すると次のようなことが起こることもわかっています。

  • 栄養がスムーズに吸収されなくなる
  • アレルギーのリスクが高まる
  • 悪玉菌の生成する毒素によって細胞がダメージを受ける
  • 便秘によって体内の毒素が滞留する
  • 免疫力が低下し病気になりやすくなる

腸は人の臓器のなかで最大の免疫器官ともいわれます。免疫細胞全体の約6割が腸内に存在していて、外から侵入する敵と戦ってくれているのです。なぜ腸にこれほど多くの免疫が存在しているのでしょうか。それは食品などに付着して取り込まれてしまう細菌やウイルスと戦うためでもあり、同時に腸内の粘膜から生じるがん細胞などを攻撃する必要もあるからです。いずれにせよ、腸は重要な免疫器官であり、この免疫機能を高めることこそ健康を守ることと直結します。そして「免疫高めること」とは、腸内環境を整えることであり、具体的には腸内の善玉菌を増やすこと、と言い換えられるのです。

オリゴ乳酸[LAC]は、強力なプレバイオティクス

腸内環境のバランスを整え、人の体に有益な作用をもたらす生きた微生物のことを「プロバイオティクス」といい、その微生物を含む食品そのもの、例えばヨーグルトや乳酸飲料などをプロバイオティクスと呼ぶこともあります。その一方でプロバイオティクスの働きを助ける食品成分を「プレバイオティクス」といいます。プレバイオティクスには

  • 1消化管上部で分解・吸収されない
  • 2腸内のプロバイオティクスの餌になり、善玉菌だけを増やす働きをする
  • 3腸内環境を整え、健康的なバランスに改善し維持する
  • 4人の健康増進や健康維持に役立つ

いう性質があり、これらの条件を満たす成分だけがプレバイオティクスとして認められます。よく知られるプレバイオティクスとして、オリゴ糖類や食物繊維の一部がありますが、オリゴ乳酸[LAC]は善玉菌である乳酸菌などを微量でも増強することのできる優れたプレバイオティクスといえるのです。

profile

医学・薬学博士 田口茂 先生

東京薬科大学大学院修了(薬学博士)後、聖マリアンナ医科大学に入職。東京医科大学(医学博士)に研究移籍し、生活習慣病や現代病のアレルギー症状の改善に取り組む。対症療法主流の医療現場では治せない病気もあるため、医薬品や食品素材の研究へ進む。改善効果が見られない症状に対し、無効になった医薬品に機能性素材を加えたヒト試験で医薬品支援効果を多数確認し特許取得(国際1件、国内10件:㈲カンズ研究開発)。約10年前にオリゴ乳酸【(株)GLART】と出会う。医薬品服用は腸管免疫を激減させるが、医薬品支援効果の食材にオリゴ乳酸を加えることで改善効果が増強することを確認。現在、財団法人 日本科学振興財団 評議員、医療法人社団 和会 渋谷コアクリニック 主席研究員 や 八九十(はくと)会 高尾病院 顧問を務める。

オリゴ乳酸に関するその他の解説