アミノ酸を摂取すると美肌になる?

アミノ酸は美肌に欠かせないコラーゲンや天然保湿因子の材料となっている

アミノ酸が不足すると肌荒れを引き起こすほど、アミノ酸は美肌作りにとって欠かせない成分となっています。アミノ酸とコラーゲンでもご説明している通り、コラーゲンはアミノ酸の一種と言い換えられます。アミノ酸の中でも主にプロリンやヒドロキシプロリンは美肌にとって大切なコラーゲンの材料となります。コラーゲンは真皮に存在し、肌のハリや弾力を生み出している繊維状のたんぱく質。そしてコラーゲンは年齢と共に減少してしまいます。
そのため年齢を重ねると、ハリや弾力が失われ、しわやたるみが発生してくるのです。コラーゲンの材料となるアミノ酸を補っていくことは、年齢に負けない美肌を保っていくひとつの方法となるでしょう。

また、アルギニンオルニチンなどの代謝に関わるアミノ酸は、肌の血流を促進し、新陳代謝を上げる働きがあるため、しみやそばかすの予防に効果があると期待されています。美肌には水分も欠かせません。肌の細胞内には天然保湿因子(ナチュラルモイスチャーファクター)という保湿因子が存在しています。天然保湿因子は尿素、アミノ酸、クエン酸、乳酸などから構成されており、アミノ酸はその40%を占めています。セラミドやヒアルロン酸よりは保湿効果は低いですが、乾燥しやすい冬は低下しやすく、肌の潤いには欠かせないものです。
このようにアミノ酸は、肌のハリ、弾力、代謝、保湿に深く関っているのです。

アミノ酸は肌に浸透しやすく、効果が期待できる

アミノ酸はたんぱく質を一番小さく分解して得られる、非常に分子量の小さな成分です。
そのため、肌の上からも浸透しやすく、皮膚の一番表面である角質層に入り込みやすい性質を持っています。
それに比べ、コラーゲンやヒアルロン酸などは分子量が大きいために、直接肌にぬっても浸透しにくい成分です。アミノ酸は角質層の細胞内に含まれる天然保湿因子となるため、アミノ酸をしっかりと含んでいる肌は潤いを保つことができます。

美肌のためにはハリ、弾力を生み出すコラーゲンやエラスチン、保湿に関わるヒアルロン酸やセラミドが重要な役割をしていますが、アミノ酸が不足することでも乾燥などの肌トラブルは起こります。アミノ酸を多く含む食品を摂取することも内側からのケアとして有効ですが、アミノ酸の保湿効果は十分に期待できるので、アミノ酸配合のスキンケア用品や化粧品も数多く販売されています。アミノ酸とダイエットでも解説した通り、健康的なボディ作りのためにもアミノ酸は有効ですから、肌と体両方のために、アミノ酸を有効に活用すると良いでしょう。

profile

渋谷DSクリニック 林博之院長

2005年にダイエット・部分痩せ専門クリニックとして渋谷DSクリニックを開院。 ダイエット専門医師としてダイエットにおけるあらゆる独自のノウハウを培ってきたパイオニア的存在。 ヒトが持つ本来の美しさを活かし、正しいダイエット方法を全ての人に伝える。的確なアドバイスが評判。

ロコモとアミノ酸の関係 ロコモの特集

アミノ酸に関するその他の解説