アミノ酸とコラーゲンの関係とは?

コラーゲンはアミノ酸からできているたんぱく質

コラーゲンとはアミノ酸がいくつもくっついて構成されている繊維状のたんぱく質です。つまりコラーゲンとはアミノ酸の一種、あるいはたんぱく質の一種と言い換えられます。コラーゲンは皮膚、血管、腱、歯などのほとんどの組織に存在しており、生体内の全たんぱく質の約30%という高い割合を占めています。主にグリシン、プロリン、ヒドロキシプロリン、アラニンの4つのアミノ酸から構成されており、「必須アミノ酸と非必須アミノ酸」で解説した必須アミノ酸をほとんど含んでいないため、栄養価は低いと考えられていました。

しかし、加齢とともに体内のコラーゲンは減少し、それが原因となってさまざまな老化現象が引き起こされることが分かっています。皮膚のコラーゲンが減少することでハリ、弾力が失われ、しわやたるみが発生しますし、関節のコラーゲンが減少することにより膝などに痛みが生じるのです。「アミノ酸と肌」が関係していることや、「アミノ酸と関節」「アミノ酸と筋肉」が関係しているというのは、アミノ酸がコラーゲンの一種であるからです。

コラーゲン配合のサプリメントや健康食品もありますが、コラーゲンは体内でアミノ酸やペプチドに分解されて腸から吸収されます。コラーゲンを摂取してもお肌がプルプルになるわけではない、と言われる理由はここにあります。そして、アミノ酸はほかのたんぱく質の合成にも使われるため、すべてがコラーゲンの材料になるとは限らないのです。吸収されたアミノ酸を体内で再びコラーゲンに合成するためにはビタミンCが不可欠です。サプリメントなどで積極的に摂取したい方は、コラーゲンを構成する4つのアミノ酸とともにビタミンCを摂取することが効果的でしょう。正しく、過不足なくアミノ酸やコラーゲンを摂取すれば、それは無駄になるとは言い切れません。

吸収の良い「コラーゲンペプチド」が注目されている

現在、「コラーゲンペプチド」という名前の健康食品やサプリメントが商品化されてきています。コラーゲンそのものよりも吸収がよく、体内で再びコラーゲンを合成しやすい状態にしたものです。

コラーゲンは非常に熱に溶けやすい性質を持っています。熱によって変性した状態のものを「ゼラチン」といい、ゼリーなどを作るときの材料としてご存知の方が多いと思います。そのゼラチンをさらに分解したものがコラーゲンペプチドです。すなわち、コラーゲンペプチドとはアミノ酸がたくさんくっついている繊維状のコラーゲンを切断して、短いペプチドの状態となっているものです。そのため、腸からの吸収が良く、効率よく体内で利用できるため、健康食品の素材として注目されています。

profile

渋谷DSクリニック 林博之院長

2005年にダイエット・部分痩せ専門クリニックとして渋谷DSクリニックを開院。 ダイエット専門医師としてダイエットにおけるあらゆる独自のノウハウを培ってきたパイオニア的存在。 ヒトが持つ本来の美しさを活かし、正しいダイエット方法を全ての人に伝える。的確なアドバイスが評判。

ロコモとアミノ酸の関係 ロコモの特集

アミノ酸に関するその他の解説