低分子コラーゲンとは?

消化・吸収率が高い低分子コラーゲン

フィッシュコラーゲンのところでも少しお話しましたが、元々コラーゲンは高分子のタンパク質です。コラーゲンを普通に食べると、まずタンパク質がペプチド(アミノ酸が2個~50個程度結合したもの)の形に分解され、そこから更にアミノ酸(タンパク質を構成する物質の最小単位)となり、体内に吸収されます。つまり、高分子であればあるほど、消化、吸収までに時間がかかるということになります。そこで注目されたのが低分子コラーゲンです。

その名の通り、あらかじめ通常のコラーゲンより分子を小さくした状態のコラーゲンを摂取することで、体内に吸収されるまでの時間短縮、吸収率アップを狙いました。今では、健康商品や化粧品に使われるコラーゲンのほとんどが、低分子化にこだわったものとなっています。また、低分子コラーゲンは通常のコラーゲンと異なり、冷却しても固まりにくいという特徴も持っています。このため、コラーゲン配合のドリンクや美容液などの化粧品のほとんどは低分子コラーゲンを採用しています。

低分子コラーゲンとコラーゲンペプチドの関係

低分子コラーゲンと同じ意味で「コラーゲンペプチド」という言葉もよく使われています。「コラーゲンペプチド」とは、コラーゲンがある程度分解された状態であり、アミノ酸同士が複数個結合した状態を指します。そもそもペプチドとは低分子の状態のことですので、コラーゲンペプチドと低分子コラーゲンという言葉はほぼ同等の意味といってよいと思います。

もし違いを挙げるとすれば、少し印象が異なるということくらいかもしれません。コラーゲンペプチドという言葉は、体内で酵素の力によって自然に分解された状態のものを含みますが、低分子コラーゲンというと、あらかじめ体外で化学的な力でコラーゲンを分解したもの、という印象があるかもしれません。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

コラーゲンに関するその他の解説