コラーゲンを多く含む食品は?

動物性の食品に多く含まれる

コラーゲンは動物性タンパク質に多く含まれています。特に肉、魚介の皮や骨、内臓にはコラーゲンが豊富です。
主にどんな食品があるか、下記に紹介します。

  • 1魚介類アジ、イワシ、ヒラメ、カレイ、サケ、タイ、ブリ、ワカサギ、シシャモ、ウナギ、アナゴ、アサリ、
    エビ、イカ、タコ、フカヒレ、ナマコ
  • 2肉類牛すね肉、牛タン、スペアリブ、軟骨、手羽先、手羽元、砂肝、挽肉類、レバー類、豚足

摂取しやすい調理方法は?

コラーゲンをより効果的に摂取するためには、調理方法にもポイントがあります。鶏肉なら手羽元や鶏ガラ、魚なら1尾を丸ごと使い、よく煮込んで煮汁ごと食べる事です。あらかじめ薄味に仕上げておくと、煮汁も飲みやすいです。直接飲まなくても、野菜などを煮るのに使ってスープにするのも一つの手です。

冷まして煮こごりにしてもよいでしょう。コラーゲンは水によく溶け込むので、あくや脂を取り除いてもコラーゲンを捨てたことにはなりませんので、丸ごと煮込むと、あくがでるのが気になる方は取り除いてしまってもかまいません。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

コラーゲンに関するその他の解説