コラーゲンとはどのような成分?

体の中に最も大量に存在するタンパク質

現在「コラーゲン」という言葉はとてもメジャーです。おそらくほとんどの方がコラーゲンと聞くと、美肌を作る成分、美容のために欠かせないもの、というイメージがパッと浮かぶのではないでしょうか。確かに、皮膚の大部分を占める真皮と呼ばれる部分は、大部分がコラーゲン線維からなっています。しかし、コラーゲンは単に肌に存在するだけではなく、腱、血管、肺などの臓器や、骨、歯、軟骨などの組織にも多く含まれています。

その他にも、筋肉、髪、目、髪等、ありとあらゆる体の部位にコラーゲンは含まれています。つまり、コラーゲンとは人間をはじめ動物たちの体の大部分を形作るタンパク質のことを指すのです。人間の生体内のタンパク質の内、およそ30%がコラーゲンであり、このコラーゲンが細胞と細胞の隙間を埋め、様々な組織をつなぎ合わせる事で体が構成されています。コラーゲンは肌だけでなく体全体の健康にとっても欠かせない重要なタンパク質です。

加熱と冷却で変性するコラーゲン

コラーゲンは様々な健康食品や化粧品に配合されているので、直接見た事のある方がいるかもしれません。その多くは、ゼラチン質のものだったのではないかと思います。コラーゲンは加熱すると立体構造が変化してゼラチンになります。もう少し専門的に説明すると、コラーゲンの分子構造である三重ラセンがこわれて、ばらばらの一本鎖の分子構造であるゼラチンに変性します。分子量も約30万から約10万に変化します。このゼラチンは冷却するとゲル状、すなわち個体に戻ります。

コラーゲンは、加熱すると液状(ゾル)になり、冷却すると固体状(ゲル)になるタンパク質なのです。分かりやすい例で言うと、肉や魚の煮込み料理を思い浮かべてみてください。出来たての時は肉や魚の周りには煮汁しか見当たりません。しかし、しばらくして料理が冷めきった時、「にこごり」と呼ばれるゼリー状に固まった物質が現れます。これは魚や肉の皮や骨から溶け出したコラーゲンが冷えて固まったもので、実はゼラチンなのです。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

コラーゲンに関するその他の解説