コラーゲンの美容効果とは?

見た目を若々しく保つコラーゲン

なぜコラーゲンが美容を司る栄養素として大人気なのか、それはコラーゲンが髪や肌など、外見的な若さを左右する場所に多く含まれているからでしょう。加齢とともにコラーゲンが不足すると、皮膚の水分量が減り、老化が進みます。逆にコラーゲンが十分に満たされていると、はり、つや、みずみずしさのある肌でいられます。肌は若さや美しさのバロメーターとして真っ先に注目されます。体内でコラーゲンの合成がきちんと行えるような食生活をこころがければ、若々しい外見を保つことにつながります。

血流改善、内臓機能アップで体内から美しくなる

肌は目に見え目立つためよく取り上げられますが、血管や内臓の存在を忘れてはいけません。コラーゲン不足は、内臓機能を弱め、血管の老化も進めます。内臓機能の衰えや血流の悪さは外見に現れます。外見の衰えは体内で起こっている事そのものです。ですから、体内でコラーゲンの合成がしっかり行われると、血液循環が良くなり、皮膚・毛髪などの新陳代謝が活性化され、美しさを手に入れる事ができます。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

コラーゲンに関するその他の解説