コラーゲンの
消化・吸収・合成を高めるには?

食べたコラーゲンは小腸で吸収される

ここまで難しい話が続きましたが、多くの方の関心は、結局どのようにコラーゲンを摂取するのがよいのか、ということや、コラーゲンを食べるとどんな効果が期待できるのか、ということではないでしょうか。コラーゲンの効果、効能については後述するとして、まずここではコラーゲンを効率よく消化して吸収し、そこからまたコラーゲンを再合成するためのポイントをいくつか紹介したいと思います。コラーゲンを食べると、まずは胃の中の酵素(ペプシン)によってある程度分解され、オリゴペプチドの形になります。

その次に、小腸の中で酵素(トリプシンやキモトリプシン)によって最小単位であるアミノ酸に分解されます。その後、アミノ酸は小腸の中で吸収され毛細血管に入り肝臓へと運ばれます。さらに心臓に送られ、動脈を通過して各組織の細胞へと取り込まれていくのです。実は、このコラーゲンの分解、吸収が行われる小腸の働きが非常に重要です。

低分子コラーゲンなど、外から摂取する時点で分子の小さなコラーゲンを選び、消化、吸収率を上げるというのも考え方の一つですが、それ以前に小腸の働きが弱っていたり、小腸の中の酵素が不足していたりすると、摂取した栄養素はうまく分解されません。消化不良では、せっかく摂取したコラーゲンの栄養素を吸収しきれずに排出してしまう可能性もあります。ですから、小腸の働きを整え、消化・吸収しやすい体にしてあげておくという考え方も知っておいていただきたいと思います。

消化・吸収しやすい体づくりのためにできることは、腸内の酵素を増やしてあげることです。生の野菜や果物、発酵食品など、酵素を含む食品の摂取を日ごろから心がけましょう。またコラーゲンのサプリメント摂取のタイミングですが、食事と一緒に摂取した方が小腸の働きが活発になるので、食間・食後がおススメです。

リジンとアミノ酸と鉄がコラーゲンの合成に不可欠

続いてコラーゲンの合成についてのポイントです。コラーゲンを合成する材料となるアミノ酸は、単純にコラーゲンを食べていればそろうわけではないという話は既にしました。コラーゲンを構成するグリジン、プロリン、アラニンなどのアミノ酸をバランスよく体内でそろえなければ、コラーゲンは合成されません。ただ、上記3つのアミノ酸は非必須アミノ酸であるため、ある程度体内で作り出すことができています。特に気にしなければならないのは、コラーゲンの材料の一つであるリジンと呼ばれるアミノ酸です。

リジンは必須アミノ酸であるため、食事から補わなければならない栄養素です。リジンを多く含む食材は、アジ、サケなどの魚や、チーズ、卵などです。コラーゲンを含む食品といっしょにこれらの素材を使った料理も一緒に食べると、体内でコラーゲンを合成する材料がそろうことになります。

もう1つ、コラーゲンの合成にはアミノ酸と鉄が必要だということが明らかになっています。体内でコラーゲンを合成する過程には様々な酵素が関わっているのですが、この酵素がきちんと働くためにアミノ酸や鉄が使われているのです。いくらコラーゲンの材料をそろえても、サポート役の鉄、アミノ酸が足りなければ、体内でのコラーゲンの合成は満足には行えません。アミノ酸も鉄も慢性的に不足している方が多いビタミン、ミネラルです。コラーゲンの合成のためにも、意識的な摂取をこころがけましょう。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

コラーゲンに関するその他の解説