コラーゲン

人の体の中でも、人体の主要な構成成分として大事な役割を担っているコラーゲンは、体内で合成される成分である一方、加齢や紫外線などによって日々失われていく成分でもあります。体内で作られるコラーゲン量は20歳がピークで、そのあとは徐々に失われ、40歳頃からは合成量がぐっと減少してしまうこともわかっています。ここではコラーゲンの摂取目安量や効果効能について、こすぎレディースクリニックの椎名邦彦先生がじっくり解説します。

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長