皮膚の常在菌を守る正しい手洗いの方法。必要なサプリメントが見つかる情報サイト

サプリメントマニアが知って得する健康情報を「サプリ」がお届け。

インフルエンザ予防のための手の洗い方
2016年02月12日
インフルエンザ予防に! 皮膚の常在菌を守る手洗いの方法

風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの流行を予防するために「手洗いうがい」は必須!しかし、手の洗い過ぎが逆効果になることもあります。正しい洗いかたを知って、病原菌を撃退したいですね。

皮膚の「常在菌」で免疫力アップ

手を洗えば洗うほど良いと思っている人は要注意! 洗い過ぎて体を守ってくれる細菌まで洗い流してしまうことがあります。この細菌は「常在菌」と呼ばれるもので、表皮ブドウ球菌やアクネ菌などが常在菌です。多くの人の体に存在していて、病気の原因にならない細菌です。常在菌は免疫力を高めるはたらきを持ち、病気の原因となる細菌やアレルゲンが体に侵入するのを防いでいます。常在菌は、皮膚表面の脂肪をエサにして分解することで弱酸性の膜を作り、皮膚の水分を保つはたらきを持ちます。この膜がなくなると病原菌が入り込みやすくなるのです。

入浴で90%の常在菌が死滅?

石鹸やボディーソープを使うと、90%常在菌が流れ落ちるといわれています。若年層は12時間程度で再び常在菌が元通りになりますが、中高年では20時間と長い時間がかかります。手は体に比べると常在菌の回復が早いのですが、界面活性剤配合の石鹸をたびたび使うことで常在菌が大幅に減少してしまうのです。手洗いの回数は必ずしも多ければ良いわけではなく、石鹸など洗浄剤も必要以上に使わないようにしたほうがよいのです。

正しい手洗いのしかたは?

流水または、40度程度のぬるま湯で洗うと手洗い効果が高まり、石鹸をたくさん使わなくても汚れが落ちやすくなります。ごしごし手を洗うと常在菌をこすり落としてしまうので、軽く手をこすり合わせる程度に。また、外出先からもどったときや、食事前、トイレの後、ペットを触った後など手が汚れているなと思ったときだけしっかり手洗いすれば十分です。

 


writer:松尾真佐代

参考サイト:日本食品衛生協会

松尾 真佐代

松尾 真佐代

出版社、webサイト制作会社、私立高等学校で、編集・ライティング・校正、英語教育の仕事に携わる。現在は雑誌・webサイトのライターとして美容、健康、冠婚葬祭、金融、子育て、占いなど幅広い分野の取材・執筆活動を行う。毎朝フレンチ珈琲と甘いおやつで目覚めて窓外の花と緑を愛で、落語、俳句、ジャズ&ボサノヴァ、フルート、ヨガ、散歩、ほのぼのとした映画を楽しむ日々。

最新記事 by 松尾 真佐代