ビタミンAを含む食べものは?

ビタミンAが多く含まれる食品

ビタミンAは、主に動物性食品と緑黄色野菜や果物に多く含まれます。レチノールは、やつめうなぎ、あゆ、肝油、バター、牛乳、チーズ、卵、鶏レバー、豚のレバー、アンコウの肝、うなぎに、カロチノイドはしそ、にんじん、ピーマン、ほうれん草、こまつな、かぼちゃ、モロヘイヤなどに含まれます。動物性食品ではスモークレバーが特にビタミンA含有量が高く、やつめうなぎ、あゆ、うなぎの順に高くなっています。しそは刺身のつまや装飾用に使われることが多いですが、モロヘイヤをしのぐビタミンAを含む野菜です。天ぷらになりますし、しそジュースも販売されているので積極的に摂取してください。パセリも同様に料理の脇役として使われますが、野菜サラダやパスタにそのまま使ったり、みじん切りにして散らしたりして食べるようにしましょう。にんじんは、生で皮つきで食べるともっとも効率的にビタミンAを多く摂取できますが、油を使うとビタミンAの吸収率が上がりますので、炒め物、揚げ物にも向いています。

profile

サプリ編集部

サプリメントに含まれる有名な成分をサプリ編集部が詳しく紹介します。 食品成分に含まれるさまざまな健康効果を学び、普段の食事からバランス良く栄養を摂りつつ、 必要な場合はサプリメントも上手に取り入れることで、健やかな毎日を過ごしましょう。

ビタミンAに関するその他の解説