スピルリナの
効果・効能とは?

体内の栄養状態が改善して免疫力を上げる

マクロファージ機能(侵入した病原性微生物・有害物質や壊死細胞残渣を除去する機能)が向上し、細菌やウィルスへの抵抗力が高まったり、抗アレルギー力が高まったりします。このスピルリナの持つ免疫賦活作用によって、胃腸病・肝臓病など様々な病気に効果を発揮する可能性があります。また、抗がん作用の有無の研究が進められています。これら全て、高タンパク、高ビタミン、髙ミネラルのスピルリナを摂取することによって体内の栄養状態が改善されることによると考えられています。

血圧・血糖値・コレステロール値を下げる

スピルリナの摂取によって、血圧、血糖値、LDLコレステロール値が低下したとの研究報告があります。すなわち、多くの現代人が直面している生活習慣病全般への改善効果が期待できます。糖尿病はもちろんのこと、高脂血症、高コレステロール、高血圧、メタボリックシンドローム、脂肪肝、肥満などの予防・改善効果に役立つと考えられます。生活習慣病の改善は、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化などの病気から体を守るためにとても重要なことです。

profile

ナチュラルクリニック代々木 佐野正行 先生

豊橋市民病院や名古屋大学医学部付属病院 腫瘍外科(第一外科)、国立がん研究センター中央病院 外科などで、3000人以上の消化器系の疾患(主に腫瘍)の患者さんに対して、外科医として治療に携わってきました。 現在は、ナチュラルクリニック代々木で、サプリメントを併用した食生活改善の指導を行っています。

スピルリナに関するその他の解説