大麦の副作用と摂取目安量とは?

大麦の副作用と摂取目安量

大麦は古くから食材として親しまれていて、摂取量上限や過剰摂取による副作用の報告は今のところありません。ただし、グルテンにアレルギーがある人やセリアック病(小児脂肪便症)のお子さまの使用は避けてください。また、大麦の芽については妊娠中の大量摂取は危険性が示唆されており、注意が必要です。
まれに大麦アレルギーが起こる可能性もあり、大麦を原料としたビールでもアナフィラキシーショックを起こす人がいるようです。
大麦に豊富に含まれる食物繊維は、一部の薬の吸収を妨げ効果を弱める可能性があるといわれています。薬を飲んでいる場合は担当の医師や薬局に確認したうえで、薬と大麦の摂取時間をずらすなどの注意が必要です。

大麦の副作用と摂取目安量

profile

サプリ編集部

サプリメントに含まれる有名な成分をサプリ編集部が詳しく紹介します。 食品成分に含まれるさまざまな健康効果を学び、普段の食事からバランス良く栄養を摂りつつ、 必要な場合はサプリメントも上手に取り入れることで、健やかな毎日を過ごしましょう。

大麦に関するその他の解説