もろみ酢とはどのような成分?

もろみ酢に含まれる成分

もろみ酢にはクエン酸、リンゴ酸、ピログルタミン酸など有機酸が豊富に含まれます。クエン酸は糖の代謝を促しエネルギーに換えるはたらきがあるので、脂肪が燃焼されて美肌効果やダイエット効果が期待できます。有機酸はクエン酸サイクル(TCAサイクル)を活性化し、疲労回復を促したり、炎症を抑えたりする作用があります。食事で摂った栄養素は、消化される過程でクエン酸サイクルに取り込まれて、クエン酸→cis-アコニット酸 → イソクエン酸 → アルファケトグルタル酸 → コハク酸 →フマル酸 → リンゴ酸 → オキサロ酢酸と8種類の酸に変化します。少しずつ酸の量は減っていき、その分は熱エネルギー、二酸化炭素、尿や汗などとなります。このサイクルが正常に働かないと乳酸が体内にたまり疲労の原因になります。逆にサイクルの回転が早ければ、疲労回復のスピードも早くなります。クエン酸とともにビタミンB1を一緒に摂ると回転が早くなります。その際、ビタミンB1は水溶性で汗や尿となってすぐに排出されるため、何度かに分けて摂取すると効率的に吸収されます。クエン酸にはキレート作用といってカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収をよくする効能や、体内を弱アルカリ性に保ち、酵素やホルモンのはたらきを促進して肩こりを緩和する効能もあります。

もろみ酢には体内で生成できない9種類の必須アミノ酸(アスパラギン酸、アルギニン、アラニン、ロイシン、チロシン、リジン、セリン、フェニルアラニン、グルタミン酸)が含まれます。アミノ酸はたんぱく質を構成する成分で、人間の皮膚や髪、臓器、筋肉、骨の原料となり、運動能力向上、美肌効果、免疫力アップ、肝機能アップなど、体の健康維持にはたらいています。アルギニンは一酸化窒素を生成しますが、この物質は血栓ができるのを予防して血流を促します。そのため動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの血液の病気のリスクを軽減する効果もあります。アミノ酸には体内の脂肪を燃焼させる効果もあり、クエン酸の脂肪燃焼と併せて、ダイエット効果も期待できます。もろみ酢に含まれるアミノ酸の一種のGABAは、哺乳類の脳に含まれる物質で、脳の血流をよくします。そのためリラックス効果があり、気持ちが安定し、安眠ができます。

もろみ酢に含まれる成分

profile

サプリ編集部

サプリメントに含まれる有名な成分をサプリ編集部が詳しく紹介します。 食品成分に含まれるさまざまな健康効果を学び、普段の食事からバランス良く栄養を摂りつつ、 必要な場合はサプリメントも上手に取り入れることで、健やかな毎日を過ごしましょう。

もろみ酢に関するその他の解説