ルテイン摂取で
考えられる副作用とは?

ルテインの副作用

ルテインは元々かぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜や果物に多く含まれる栄養素です。また、私たちの体内でも目の網膜部分に存在しているので、副作用に関する問題は特に報告がありません。そのため、食事から摂取する分には過剰摂取の心配や副作用の心配はほとんどないといえます。

しかし、これは天然成分でのルテインに限ってのことです。ルテインの中でも人工的に作られたものに関しては副作用の報告が挙がっています。科学的に合成されたルテインは、喫煙と併せて摂ることで発がん性のリスクが指摘されています。そのほかにも嘔吐、胸焼けなどの症状も報告されています。そのため、サプリメントから摂取する場合は表示で原材料を確認し、天然成分であるものを選ぶことをオススメします。そして、用法・用量を守って正しく摂取しましょう。

ルテインと一緒に摂りたい栄養素

ルテインは目の健康を守るためには必要不可欠な栄養素です。目の他にも肌や乳房、子宮頚部に存在しており、目だけではなく全身の健康維持に必要な栄養素です。目の健康に役立つ栄養素はアントシアニン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛などがあります。これらの成分は抗酸化作用があるので、目を強い光や有害な光によって起こる酸化から守ってくれる働きがあります。その中でも、アスタキサンチンはルテイン同様、「カロテノイド」と呼ばれた色素のひとつで、「赤色」の色素です。

アスタキサンチンは、体内に取り込まれると一部がビタミンAに変わります。ビタミンAは目の機能を正常に保つためには重要な役割を果たしていますので、ルテインと一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。さらに、活性酸素を除去するという抗酸化作用はお肌にも嬉しい効果をもたらします。紫外線などでダメージを受けたお肌はシミやそばかすが出来やすい状態にあります。しかし、ルテインやその他抗酸化作用のある栄養素をしっかり摂取しておくことで、それらを防ぐことや改善することが出来るのです。緑黄野菜に多く含まれる抗酸化作用の高いルテインやその他ビタミンなど、毎日の生活で継続して摂る習慣をつけ、健康維持に役立てましょう。

profile

宮澤医院 宮澤 賢史

血液、尿、唾液など生体から得られる情報と十分な問診をもとに、治療を行なうクリニックです。標準的な治療以外にサプリメント、天然ホルモンを用いた栄養療法、食事指導を重点的に行なっています。病気を根本から治療するのにあたって正確な診断が必要です。そのために当院では様々な方法をとっており、重篤な疾患の場合でもその根本原因に対する治療を行なっていきます。

ルテインに関するその他の解説