ルテインの摂取量の目安は?

ルテインの摂取量

ルテインの1日の摂取量は6mg~10mgが良いとされています。ルテインは脂溶性であるため、油を使った料理と一緒に摂りいれることで効率よく吸収できます。しかし、体内に吸収されるまでに何らかの原因で減少してしまうため、それを考慮すると1日の摂取量は10mg~20mgが望ましいとも言われています。

一般の人は上記のような量をおすすめしますが、すでに目に関して何らかの疾病をお持ちの方には1日に20mgの摂取をおすすめします。アメリカの調査によると、一般的なアメリカ人は1日に摂るルテインの量が約1mg という報告があります。これでは、大幅に不足しています。それに比べて、和食ではルテインを多く含んでいる緑黄色野菜が良く使われているため、ルテインを摂取やすい環境にあります。しかし、近年では野菜の摂取不足が懸念されていますので、必然的にルテインも不足している状態であると考えられます。

ルテインの過剰摂取

ルテインは元々野菜などの自然に存在する栄養素なので、普段の生活をしている分には過剰摂取の心配はありません。しかし、サプリメントなどから摂取する場合は、用法・用量を守って服用してください。サプリメントでは、ルテインの原材料として、天然成分を原料としているものと、人工的に作ったものを原料としています。人工的に作られたルテイン(合成ルテイン)では、副作用も確認されているため、サプリメントを選ぶときは原材料も注意しましょう。病院にかかっている人は、一度医師に相談をしてからルテインを服用することをおすすめします。

また、最近は野菜不足の傾向にあります。野菜には多くのビタミンやミネラル、食物繊維が含まれているため、体の調子を整えるために必要不可欠な食材のひとつです。そしてルテインは野菜の中でも特に色の濃い緑黄色野菜に多く含まれているため、野菜から積極的に摂取しましょう。ルテインをはじめとして、多くの栄養素を十分に摂取することで、目の病気だけでなく、全身の健康維持に役立てましょう。

profile

宮澤医院 宮澤 賢史

血液、尿、唾液など生体から得られる情報と十分な問診をもとに、治療を行なうクリニックです。標準的な治療以外にサプリメント、天然ホルモンを用いた栄養療法、食事指導を重点的に行なっています。病気を根本から治療するのにあたって正確な診断が必要です。そのために当院では様々な方法をとっており、重篤な疾患の場合でもその根本原因に対する治療を行なっていきます。

ルテインに関するその他の解説