グリシン

グリシン

人の体の中でも毎日作られていて、非必須アミノ酸の一つでもあるグリシン。私たちの体内にも広く存在していて、皮膚のコラーゲンの合成に関与したり、神経伝達物質として働いたりして多岐にわたって活躍してくれています。体内にもともと存在している成分であるため、安全性が高いことでも知られ、菌を抑える作用(静菌作用)もあることから、食品添加物として使用されるほか、食品以外にも医薬品、化粧品、工業薬品としても使用されています。近年はその機能性にも注目が集まり、機能性表示食品関与成分としても利用されています。ここでは以外と知られていないグリシンの基礎知識について詳しく解説します。