食物繊維の1日あたりの
摂取量目安は?

目標として欲しい摂取量が定められている

「日本人の食事摂取基準(2010年版)」によると、成人の1日当たりの食物繊維の目標量は、男性が19g以上、女性が17g以上と定められています。幼児や児童・高齢者については、1,000kcalあたり10gを目標に摂取するのが良いとされています。現在、日本人の1日あたりの食物繊維平均摂取量は約17gと推定されており、全体的に不足が心配です。実際、1994年の「第五次改定日本人の栄養所要量」では、食物繊維は1日あたり20gから25gが目標摂取量として定められていたのですが、年々摂取量が減り続けている現状を受け、現実的に手が届きそうな数値として、2010年版の男性19g以上、女性17g以上という数字が設定されたと考えられます。やはり意識的な摂取をこころがけないと、日々の食生活で十分な食物繊維を補うのは難しいといえます。

トクホやサプリメントから摂取する際のポイント

食物繊維入りの特定保健用食品やサプリメントは品ぞろえが豊富です。日常の食生活でどうしても不足しがちになる栄養素ですから、こうした商品を利用するのも一つの手でしょう。その際、注意して欲しいポイントは、食物繊維は単純に摂取量を満たせばよいというわけではない事です。既に前の段落でお話してきたように、食物繊維の効能は食物繊維の質に左右されます。ですから、できるだけ様々な種類の食品からバランス良く食物繊維を補うことで、食物繊維の効用を思う存分発揮できるのです。また、通常の食事と一緒に摂取することで、食後の血糖値上昇の抑制作用や、コレステロールの排出作用の効果が発揮されるわけです。単独・単品による食物繊維の摂取は効果的とはいえませんので、注意しましょう。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

食物繊維に関するその他の解説