コエンザイムQ10には
どんな効果・効能がある?

コエンザイムQ10の効果その1「抗酸化作用」

コエンザイムQ10の一番の特徴といえば、強力な抗酸化作用に他なりません(コエンザイムQ10について)。私たちの体は日々老化、すなわち酸化しています。肌にシワやシミができたり、血管が詰まりやすくなったり、糖尿病になったりするのも、体の酸化が大きな原因の一つです。活性酸素によって体内が酸化してしまうのです。

コエンザイムQ10は、強い抗酸化作用で体全体を酸化から守ってくれます。脳や臓器、血管や肌などを若々しく保ってくれるほか、免疫細胞や白血球の作用を高める働きもあります。歯肉に酸素が不足して細胞が壊れる歯周病の改善にもコエンザイムQ10は効果を発揮します。更に、精子を活発にするという効果も報告されています。体の内面においても外見においても若くエネルギッシュでいるために、コエンザイムQ10は大いに活躍してくれる成分です(コエンザイムQ10と美肌コエンザイムQ10と疲労回復)。

コエンザイムQ10の効果その2「エネルギーを
生産し代謝を上げる」

コエンザイムQ10が持つもう1つの重要な働きは、栄養素からエネルギーを取り出す作用です。糖や脂肪などを代謝してエネルギー源にしてくれるため、まず単純に「体が元気になる」という効果が体感しやすいと言えます。エネルギーがどんどんつくられ基礎代謝がアップしますので、コエンザイムQ10はダイエットの強い味方にもなってくれます。基礎代謝を上げてくれるだけでもダイエットにとって嬉しい効果ですが、コエンザイムQ10は血液を流れやすくしてくれるので、冷え性やむくみが改善されるという報告も多くあります。冷え性、むくみといったらダイエットの大敵ですから、こちらの効能も嬉しい限りです。ダイエット目的で運動をしている場合も、コエンザイムQ10がより効果的にエネルギーを生産し脂肪を燃やしてくれますので、うまく活用してみましょう。

コエンザイムQ10の効果その3「心臓病の予防」

コエンザイムQ10が長年心臓病の薬として使われてきた事からも分かるように、心臓病の予防に効果的です。生きている以上休まずに働き続けている心臓は、非常にエネルギーを必要とする臓器です。コエンザイムQ10を摂取すると、心臓の収縮力が高まり、送り出す血液量が増加します。心臓のポンプ機能が高まる事で、不整脈や狭心症などの心臓病の予防が期待できます。血圧が低くて悩んでいる方にも、コエンザイムQ10は有効です。心機能が高まると、立ちくらみや寝起きの悪さなど、低血圧特有の不快な症状の改善が見込まれます。

なお、スポーツ選手たちの間でコエンザイムQ10が人気なのは、第一に心臓の機能の向上が影響していると考えられます。実際、コエンザイムQ10を摂取すると、同じ運動をしていても心拍数が乱れない、持久力が高まるといった体感が得られるという声が上がっています。更には、激しい運動によってうまれた活性酸素を強力な抗酸化作用で除去し、体の回復を早めてくれるという点も、アスリートたちにコエンザイムQ10が人気の理由です(還元型コエンザイムQ10について)。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

コエンザイムQ10に関するその他の解説