「アルギニンで身長が伸びる」
って本当なの?

子どもの身長と成長ホルモン、アルギニンの関係

成長期に身長がしっかり伸びる条件として、体内で成長ホルモンが十分に分泌されることがあります。成長ホルモンは脳にある下垂体という部分で産生されます。成長ホルモンの働きとしては、身長を含め体の成長を促進させることはもちろんのこと、傷ついたり壊れたり、老化した細胞の修復を促す働きもあります。また、成人してからも筋力の維持や綺麗なお肌を保つことにも成長ホルモンが深く関与しています(アルギニンの役割)。しかし、成長ホルモンのピークは成長期を迎える10代です。その後はどんどんと減少し、40代では約半分、80代では20分の1以下までに減少してしまいます。また、閉経を迎えた女性や肥満者では分泌量の低下がさらに促進してしまいます。

成長期である10代の時にしっかりと成長ホルモンを分泌させることで、身長だけでなく、健やかな成長につながると考えられています。また、子供の成長にはストレスを溜めない環境づくりはもちろんのこと、十分な栄養や質の良い睡眠、適度な運動と家族の愛情が必須となります。

この成長期に身長を伸ばす鍵となる成長ホルモンの合成にアルギニンは不可欠であるため、「身長を伸ばす成分といえばアルギニン」と考えられているのです(アルギニンと成長ホルモン)。

子どもの健やかな成長のために

アルギニンはアミノ酸の一種で、大人になってからは体内で合成できますが、子供ではまだアルギニンを合成する機能が不十分であるため、食事などの外部から摂取しなければなりません(アルギニンを含む食品)。

身長を伸ばす大きな要因として、成長ホルモンを十分に分泌させることがありますが、アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進することで、全身の代謝を促進し、結果として成長期の子供では身長が伸びると考えられます。普段の食事から、しっかりとアルギニンを補給することが一番ですが、食事だけではなかなか補えきれないという方には、サプリメントも一つの摂取方法としておすすめです。子ども向けの商品も現在はたくさん開発されています。
成長ホルモンは、深い睡眠時に多く分泌されますので、サプリメントで摂取する際は、就寝前に摂ることをおすすめします。

もちろん身長を伸ばすのには他にも睡眠や運動、バランスのとれた食事などが必要で、アルギニンさえ摂っていれば良いということはありませんが、アルギニンは現代の食生活では不足しがちな栄養素です(アルギンの摂取目安量)。子どもの健やかな成長のために親は環境を整えてあげる必要があります。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

気になる強壮・強精サプリメントの本当のところ

アルギニンに関するその他の解説