アルギニンには
どんな効果・効能がある?

アルギニンの働き

アルギニンは体内で合成する能力が十分でない子供にとっては食べ物から補給しなければならない必須アミノ酸です。しかし、大人になると体内でグルタミン酸から生成される非必須アミノ酸となります。体内で生成されるから安心と思われがちですが、実際は不足がちと言われていますので、健康維持のためにも毎日しっかり補給する必要があります(アルギニンの摂取目安量)。

アルギニンは肥満の改善やメタボリックシンドロームの予防に効果的だと言われています。そのため、それらの生活習慣病が引き起こす大きな病気、糖尿病や動脈硬化、脳梗塞や高血圧、心臓病の改善にも有効であると言われています。これらに効果的だと言われている一番の理由には、アルギニンの「血管の老化防止」効果が挙げられます。アルギニンは、血管で一酸化窒素を生成する能力を高める働きがあります。一酸化窒素は血管を弛緩させる効果があり、動脈を拡張することによって血流量を増やす働きがあるのです。また、一酸化窒素は血管内を掃除する役目もありますので、血管の老化防止には欠かせない栄養素と言われています。またこの働きはアルギニンとシトルリンの関係によるものです。

その他にも、アルギニンは成長ホルモンの分泌や疲労回復にも大きく関与していると言われています(アルギニンと成長ホルモン)。

アルギニンには美容効果もあり!

アルギニンといえば、成長ホルモンや血管の若返りというイメージが大きいのですが、最近ではアルギニンのもたらす美容効果にも注目が集まっています。

アルギニンは成長ホルモンを増やすとともに、コラーゲンの生成にも関与しているため、体内でのコラーゲン量をしっかり保つことにより、シワたたるみを防ぐとともに、お肌に弾力を与え、若々しいお肌を保つことが出来るのです。アルギニンが血管の老化を防止することは既述ですが、血管の健康を保つことにより、お肌の血流量も増え、血色を良くすることでくすみの改善にもつながります。
このような効果があるのは、アミノ酸の中でもアルギニンだけだと言われています。アルギニンをはじめとして、バランスの良い食生活を行うことで、体の中から健康管理を行いましょう。アルギニンを含む食品は特に積極的に食べたいですね。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

気になる強壮・強精サプリメントの本当のところ

アルギニンに関するその他の解説