アルギニン

アルギニンは食品から得られるアミノ酸で、たんぱく質の合成に必要な成分です。化学的に合成することもできますし、食品から摂取することもできます。医薬品として使用されることもありますが、サプリメントや健康食品として使用されることもあり、多くの人に知られる成分の一つです。体内では一酸化窒素NOという化合物に変化し、血流を促進させたり、成長ホルモン分泌を促したりといった、重要な働きをしていることがわかっています。ここでは、意外と間違っていることの多いアルギニンの基礎知識を、こすぎレディースクリニックの椎名邦彦先生が詳しく解説します。

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長