名前から探す

サプリ編集部注目の成分特集 腸内環境を改善する成分 オリゴ乳酸

医師や専門家もその効能に関心を抱く注目の成分「オリゴ乳酸」は、カラダのコントロールセンターである腸の環境を改善してくれる成分です。

病気になるかならないかは“腸の健康”次第

     
体内の免疫細胞のうち約7割が腸に集まっているため、腸内環境が悪化すると免疫機能がはたらかなくなります。人が健康を維持するためには腸が健康でなければなりません。ここでは腸内環境を改善するオリゴ乳酸の機能について説明していきます。
01
01

乳酸菌が住みやすい環境を
作り出す
オリゴ乳酸

オリゴ乳酸は乳酸菌が糖を代謝して生成される最終物質であるためそれ以上分解されません。胃酸などの影響を受けずに腸や粘膜などから直接血液に取り込まれたオリゴ乳酸は全身に運ばれ、各臓器のはたらきを活性化します。

腸に常在している固有菌が元気に活動することによって免疫機能は高まり、病気の予防やあらゆる不具合の改善に対する自己治癒機能が正常にはたらくようになると考えられています。

臨床研究でもオリゴ乳酸を摂取後は乳酸菌などの善玉菌の数が増え、活性化していることが確認されています。このはたらきによって便通の改善だけでなく、生活習慣病などの病気も予防できることが期待されているのです。

健康食品には乳酸菌を使用した製品が多数ありますが、口から摂る乳酸菌は体内にいる乳酸菌とは別の生き物。したがってたとえ腸まで届いても、異物として分解されてしまうケースが多く、健康効果が得られずに終わってしまう可能性が高いのです。

02
02

腸は健康の鏡
であり、
第二の脳
である

腸内には500から1000種類もの細菌が住み着いており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(悪玉菌が増えると有害な菌になる可能性のある菌)が住み着いています。その総数は100兆個とも1,000兆個ともいわれています。

さまざまな菌がまるでお花畑のように見えることから、腸内細菌叢(さいきんそう)のことを、「腸内フローラ」と呼び、一種の生態系を形成しています。新しい菌が進入してくると、腸内フローラに住む菌たちが攻撃し、新しい菌を駆逐してしまいます。病気や加齢による衰えから宿主である人間を守るはたらきをしてくれます。

ところが腸内細菌の勢力図に異変があると、本来の免疫システムが機能しなくなるため、がんだけではなく、心筋梗塞や糖尿病、高血圧といった生活習慣病のリスクも高まります。

また腸内細菌はドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質を合成する役割も担っているため、腸内環境が悪化すると、人格や性格にまで影響をおよぼすと考えられているのです。

そのメカニズムについては、NHKスペシャル「人体」シリーズ第4集で『“腸”が免疫の鍵だった』でも放送され、腸内細菌が免疫細胞とコミュニケーションを図りながら、人の性格にまで影響を与える可能性があることなどが解き明かされて話題となりました。

腸内フローラのパワーバランスが崩れ、悪玉菌の力が増すと、腸内環境が悪化してしまいます。そうなると免疫細胞も正常に機能しなくなるため、さまざまな病気を呼び込みやすくなります。

一人ひとりの体調に
合わせて腸内フローラを
最適化してくれる
「オリゴ乳酸」

オリゴ乳酸なら、具合の悪いところをピンポイントに改善できる!?

        

オリゴ乳酸は個々の腸内環境に合わせてはたらきかけをするため、その効果の現れかたも千差万別。このことが開発当初、研究者たちを悩ませました。予測もしていなかった効能や変化が被験者から報告され、「どうしてこのような変化が起こったのか」戸惑うこともあったといいます。

人には個性があるように、腸もひとつとして同じものがありません。100人いたら100とおりの腸内フローラが存在します。同じ食品を食べても病気になる人もいれば健康を維持できる人もいるのは、個々の腸が持つ能力の違いによるものでもあります。病気になりやすい人は腸内のパワーバランスが崩れ、悪玉菌が優勢。病気になりにくい人は善玉菌が優勢ということです。

オリゴ乳酸の機能性に関しては検査機関でさまざまな臨床試験などが行なわれてきました。また実際に人が摂取したあとの変化についても検証されていますが、特徴として挙げられるのは、少量で変化を体感しやすいことと、不健康な状態にある箇所に改善効果や抑制効果が見られるということ。この「悪いところに効く」というメカニズムについては、作用機序を解明すべく、いまでも研究が続けられているそうです。

オリゴ乳酸の代表的な機能性は「免疫力向上」「腸内環境改善」「血流改善」の3つですが、そのほかにも細胞活性作用、抗炎症作用、抗腫瘍作用などが確認されているそうです。以下に代表的な効能を挙げておきます。

便秘または下痢を改善

腸内環境が整うと、まず体感しやすいのが便通トラブルの改善です。便秘の人であれば、便通の回数や量が改善されますし、お腹をこわしやすい人であれば、下痢の予防や防止につながります。個人差はありますが、摂取した翌日には効果を実感する人が多いようです。

冷え性・肩こりなどを改善

オリゴ乳酸を摂取すると、血流量が増加して血流が改善されることがわかっています。冷え性や肩こり、腰痛などの場合は便通よりさらに個人差があるようですが、反応が早い場合は、摂取後30分程度で冷えや痛みの改善効果を実感する人もいるそうです。

免疫力を向上させる

腸内環境が改善されることによって、自身に備わっている免疫機能が正常化されていきます。抗酸化作用や抗炎症作用などによって、個々に抱えているトラブル、たとえばアレルギーのある人ならその症状が、抗がん剤の副作用に苦しんでいる人であれば、副作用が軽減されます。

動脈硬化を予防

オリゴ乳酸の血流改善効果と抗炎症作用、抗酸化作用などにより、動脈へのストレスが軽減されると同時に、血栓などの原因ともなる中性脂肪もコントロールできるようになります。血液の質が改善されれば血管の健康維持につながるため、動脈硬化の予防に役立ちます。
Special Interview
注目の成分「オリゴ乳酸」開発に携わった株式会社グレイン 代表取締役・松澤一博氏にお話をうかがいました。

「オリゴ乳酸は乳酸菌が住みやすくなるように腸内環境を整えてくれます」

株式会社グレイン
代表取締役 
松澤 一博

乳酸菌が住みやすい環境をオリゴ乳酸が提供することによって腸内細菌のバランスが整い、その結果病気になりにくい、若々しいカラダを維持できるような好循環が生まれます。この作用をどのような分野に活かしていくかを考えたときに、いま必要なのは「未病予防」ではないかという結論に至りました。

開発当初は病気などによる特定の症状に悩む方々に使っていただく機会が多かったのですが、腸内環境の改善にオリゴ乳酸が役立つとわかってからは、未病状態の人が病気へと進んでしまわないように、オリゴ乳酸を活用していただきたいと考えるようになりました。

乳酸菌は自分たちが生活しやすい環境を整えるために、母体となる人間を生かしているのではないか…などと考える学者もいます。住みついた場所(腸)の環境を良くすれば、乳酸菌たちもそれだけ長生きできるわけですから。

加齢やストレス要因によって、乳酸菌の活動量が減ったり死んでしまったりするようになれば、免疫力は低下して老化が進み、生活習慣病のリスクも高まります。逆に腸内の菌が元気であれば元気であるほど、自己治癒能力は高まり、人間も元気に長生きできることになります。

病気になりたくない人はもちろんのこと、健康に不安を感じているかた、具体的に不調を感じているかたにもオリゴ乳酸の摂取を習慣化していただきたいと考えています。そしてお子さんから高齢者まで幅広い人に使っていただき、腸内環境の改善と病気の予防に活用していただきたい…と思っています。

【所在地】〒242-0021 神奈川県大和市中央2-2-15
【公式サイト】http://www.grain.co.jp/
【お問合わせ先】
TEL:046-265-6050 URL:http://www.grain.co.jp/consult/