タウリンの摂取で
考えられる副作用とは?

タウリンの副作用は?

タウリンはアミノ酸の一種です。そのため、過剰に摂取した分は排泄され、副作用がなく安全な成分であると言われています。しかし、医薬品として承認された際に行われた安全性を確かめる実験では、成人が1日3回、1回1gを食後に服用した場合の副作用としては、吐き気や下痢などの副作用がごくわずかですが報告されています。

タウリンのみの副作用と考えると、非常に安全といえますが、食品やサプリメントとして摂取する場合は、それらに含まれる他の成分にも気をつけなければなりません。例えば、コレステロールです。魚介類の中には、コレステロールが多く含まれるものもありますので、タウリンのことだけを考えて摂取していると、いつの間にかコレステロールが過剰になってしまっている、ということもあります。

タウリンの摂取方法

タウリンは胃酸を過剰に分泌させますので、人によっては潰瘍の発生リスクを高めることが知られています。これを防ぐには、他の食品や牛乳と一緒にタウリンを摂ると良いとされています。しかし、牛乳を飲みすぎると、お腹がゆるくなったり、カロリーオーバーになったりということも考えられますので、適量を心がけましょう。

また、解熱・鎮痛剤としてよく用いられるアスピリンを使用している人は、タウリンの摂取を避けましょう。タウリンの特徴の一つとして、水に溶けやすいということが挙げられます。そのため、魚介類を調理した際は、スープや煮汁も一緒に食べることで無駄なく摂取が出来ます。その他にも、タウリンは血合いの部分に多く含まれています。

血合いは独特の苦みがあることから嫌う人も多いのですが、タウリンを摂取するにはおすすめの食材です。最近では、タウリンの効果から、ダイエットに取り入れる人も増えています。しかし、タウリンだけではダイエットはできません。必ず、バランスの良い食事と適度な運動を主軸として、健康的なダイエットを行いましょう。そして、タウリンをサプリメントなどから摂取する場合は、パッケージの用法・用量をよく読み、正しく服用しましょう。

profile

渋谷DSクリニック 林博之院長

2005年にダイエット・部分痩せ専門クリニックとして渋谷DSクリニックを開院。 ダイエット専門医師としてダイエットにおけるあらゆる独自のノウハウを培ってきたパイオニア的存在。 ヒトが持つ本来の美しさを活かし、正しいダイエット方法を全ての人に伝える。的確なアドバイスが評判。

タウリンに関するその他の解説