突発的な食欲は栄養不足のサインかも。必要なサプリメントが見つかる情報サイト

サプリメントマニアが知って得する健康情報を「サプリ」がお届け。

甘いものが食べたくなるのは、たんぱく質が足りていないから?
2017年11月12日
甘いものが食べたくなるのは、たんぱく質が足りていないから?

突然何かが無性に食べたくなることはありませんか。甘いものや塩辛いもの、ジャンクフードなど、なぜだか急に体が欲してしまう。このように「どうしてもこれが食べたい」と体が要求する時は、ある特定の栄養素が不足している可能性があるのです。

ある栄養素が不足すると特定のものが食べたくなる

人にはそれぞれ味覚の好みがあり、好きな食べ物は人によって様々です。好みの味の食べ物ならば、また食べたいと何度でも思うものですよね。しかしそれとは別に、特に大好物というわけではないのに、妙にある特定の食べものが欲しくなる時があります。どうしても甘いものが食べたい、脂っこいものが食べたいなどがその例です。よく、疲れていると甘いものが欲しくなるといいますが、体がある特定の食べ物を欲するのには理由があります。それは特定の栄養素が足りていないために、体が食べ物を要求する、つまり体から送られる栄養不足のサインとも考えられるのです。

あなたに不足している栄養素は?

あなたに不足しているかもしれない?栄養素をケース別にご紹介しましょう。

●甘いものが食べたい→たんぱく質不足?

甘いものといえば糖分であり、糖分が体内で不足しているように思われがちです。しかし甘いものが食べたくなる時は、実は不足しているのはタンパク質。タンパク質が不足するとエネルギー不足となり、すぐにエネルギーに変換できる糖分を脳が要求します。だから甘いもの、またはパンやご飯などの炭水化物が欲しくなるのです。他の理由として甘いものが欲しくなる時は、副腎疲労の可能性もあります。(その疲れやだるさ、副腎が疲れているせいかも?!)

●チョコレートが食べたい→マグネシウム不足?

チョコレートが欲しくなる時は、マグネシウムが不足しているサインかもしれません。マグネシウムを補うためには、糖分の多いチョコレートよりもナッツ類やゴマ、海藻を摂るようにしましょう。

●脂っこいものが食べたい→カリウム不足?

脂っこいものが無性に食べたい、そんな時はカリウムが不足して排泄機能が低下していることが考えられます。アボカドやキュウリ、バナナなどを積極的に摂るようにしましょう。

●塩辛いものが食べたい→ミネラル不足?

塩気の強いものが食べたくなったら、それはミネラルが足りていないのかもしれません。でも欲求に任せて塩辛いものを食べるのではなく、野菜や海藻などからミネラルをしっかり補給するようにしましょう。

●コーヒーが飲みたい→鉄分不足?

体のだるさや疲労感からカフェインが欲しくなるのは、鉄分不足が原因である可能性があります。しかしコーヒーを飲んでも鉄分を補給できないどころか、カフェインは鉄分吸収を阻害してしまいます。鉄分の多いレバーや赤みの肉、鉄分サプリ(美と健康の敵、貧血改善の「鉄分サプリ」を比較)などで補給するようにしましょう。

栄養バランスを考えた食生活を

このように、急に何かが食べたくなるのは、栄養素の不足を警告する体からのサインであることがよくあります。普段から食事のバランスを考えた理想的な食事をしていれば、間食や偏食は防げるということです。食欲に悩まされている人はこのあたりも見直してみると良さそうですね。



writer:Akina

亜紀 中村

Akina

音楽(クラシック)を専門としながら、書き物好きが高じて執筆もしています。興味の範囲は広く、自分磨きと称し美容や健康に関する情報収集はもちろんのこと、歴史好き、語学好き、そして手書きが好きなことから趣味は文房具収集…と多岐にわたります。

最新記事 by Akina