コラーゲンはたるみに効果あり?

しわとたるみの原因は似ている

しわとたるみの原因は共通しています。年齢とともに肌が衰えると、真皮の新しいコラーゲンを作る力が弱まります。更に紫外線やストレスなどでコラーゲンが変性、減少していきます。こうなると肌の弾力性が失われたるんだ状態に。ここへ繰り返し力が加わることで生まれる歪が「しわ」ですが、重力という力に耐えられなくなり、下へと下がってしまった状態が「たるみ」です。

外側と内側からのケアが有効

基本的にはしわ対策で行われているのと同じような利用方法で、たるみ解消のためにコラーゲンが利用されています。外側からのケアとしては、美容形成外科の力を借りる方法もありますが、コラーゲンの美肌効果の段落で紹介したように、単純にコラーゲン入りの化粧水を塗る事で、肌を老化から守ってあげるのも手です。肌にコラーゲンを補うことにはなりませんが、真皮のコラーゲン線維の不用意な変性・減少を避ける手段としては使えると思います。

内側からのケアは、コラーゲンの補給と合わせてアミノ酸のバランスが良い食事と、ビタミンC、鉄などのビタミン、ミネラルをたっぷりと摂って下さい。両面からのケアを続ける事で、真皮のコラーゲン線維の老化を防ぎ、たるみの目立たない肌を目指しましょう。

profile

メディアージュクリニック青山 椎名邦彦院長

出産や高度不妊治療、若年層の月経に関するトラブル、婦人科疾患・ガンの治療と多岐に渡り、長年女性の一生に向き合う中で、健康や外見面の美しさ、内面的な充実、そしてアンチエイジング医療など、トータルな女性医療の重要性を実感。

コラーゲンに関するその他の解説