シトルリン

シトルリン

1930年に日本でスイカから発見された遊離アミノ酸の一種であるシトルリン。ウリ科の植物に多く含まれています。日本では2007年8月に食品成分として許可され、主に健康食品に利用されていますが、欧米では医薬品成分として利用されています。強くしなやかな血管を作ることや血流を改善するため「スーパーアミノ酸」とも呼ばれるシトルリンについて詳しく解説します。