アミノ酸には
疲労回復の効果がある?

筋肉中にふくまれる分岐鎖アミノ酸(BCAA)が疲労回復の鍵

ロイシン、イソロイシン、バリンの3つのアミノ酸は分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれ、筋肉に含まれているアミノ酸です。筋肉はアクチンとミオシンというたんぱく質からつくられており、分岐鎖アミノ酸はこの2つのたんぱく質を構成しているアミノ酸です。そのため分岐鎖アミノ酸は筋力アップには欠かせないアミノ酸となります。私たちの体は激しい運動や、長時間の運動でエネルギーを多く消費しますが、筋肉中の分岐鎖アミノ酸はそのエネルギー源として激しく消費されていく成分です。実際に運動前と、運動後の分岐鎖アミノ酸の濃度をみると、運動後に大きく分岐鎖アミノ酸が低下していることが分かっています。

そこで運動直後や睡眠前に分岐鎖アミノ酸を補うことで、筋肉を修復し疲労回復の効果が期待できるのです。
また、運動前に摂取することでも、運動中のエネルギー不足を回避することができ、疲れにくくする効果も期待できます。これらのアミノ酸の機能性については多数のエビデンスが報告されています(BCAAの科学的根拠)。

筋肉疲労の原因の乳酸を抑え、筋肉の修復を促すアミノ酸

アミノ酸と筋肉の関係も見逃せません。私たちの体は、筋肉を収縮させて、エネルギーを使い続けると乳酸が発生してきます。乳酸がたまってくると筋肉が収縮しづらくなり、私達は疲労感を感じてくるのです。これが筋肉疲労のメカニズムとなります。
分岐鎖アミノ酸はこの乳酸を抑える働きがあるため、疲労回復や筋肉痛を回避する効果があります。分岐鎖アミノ酸以外にも疲労回復に効果を発揮するアミノ酸にアルギニンがあります。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸です。運動によって損傷した筋肉を再合成するために成長ホルモンは欠かせません。よってアルギニンを運動後に補うことで、筋肉の修復がスムーズに行うことができるのです。

また、グルタミン酸も運動後に補いたいアミノ酸の一つです。グルタミンもアルギニンや分岐鎖アミノ酸同様の働きがあり、筋肉の修復、乳酸の蓄積を抑える、免疫力の向上などの働きがあります。
以上のことから、疲労回復効果や筋力アップ効果のあるアミノ酸は、分岐鎖アミノ酸のロイシン、イソロイシン、バリンとアルギニン、グルタミンの5種類が主なものとなります。実際、運動前後のサプリメントとして商品化されているものも多く見られます。

profile

渋谷DSクリニック 林博之院長

2005年にダイエット・部分痩せ専門クリニックとして渋谷DSクリニックを開院。 ダイエット専門医師としてダイエットにおけるあらゆる独自のノウハウを培ってきたパイオニア的存在。 ヒトが持つ本来の美しさを活かし、正しいダイエット方法を全ての人に伝える。的確なアドバイスが評判。

ロコモとアミノ酸の関係 ロコモの特集

アミノ酸に関するその他の解説