タウリンとは
どのような成分?

タウリンとは?

タウリンは1827年にドイツの解剖学者・生理学者であるフリードリヒ・ティーデマンと科学者であるレオポルド・グメリンによって牛の胆汁の中から発見されました。そのため、ラテン語で「雄牛」を意味するtaurusに由来して「タウリン」という名前が誕生しました。タウリンは私たちの体の中で筋肉、脳、眼の網膜、心臓や肝臓などの臓器などに高い濃度で含まれており、体内で胆汁の主要な成分である胆汁酸と結合し、タウロコロール酸などの形で存在します。消化を助ける働きや、神経伝達物質としても作用し、白血球の一種である好中球が殺菌の際に放出する活性酸素や過酸化水素の働きを抑える役目もあります。

またタウリンは主に魚介類に多く含まれ、特に牡蠣などの貝類やイカ、タコ、魚の血合いなどに多く含まれます。動物の中でも、ヒト、鳥、ネズミはタウリンを体内で合成することが出来ますが、猫はタウリンを合成する酵素を持っていません。そのため、キャットフードには「タウリン入り」などという表記がされているものが多く、猫にとっては重要な栄養素となります。猫においてタウリンが欠乏すると拡張型心筋症が生じます。

タウリンの代謝

タウリンには体温や血圧、各臓器など、私たちの身体や細胞を常に一定に保とうとする作用(=ホメオスタシス)があります。そのため、血圧やコレステロール、血糖値のコントロールがうまくいかない方や肝機能を整える必要がある方、なんだか体がむくんでいるなどといった方にはタウリンが不足がちである可能性があります。合成の経路についてはまず、たんぱく質の構成成分である含硫アミノ酸であるシステインからシステインジオキシゲナーゼによってシステイン酸が合成されます。

タウリンはシステインスルフィン酸デカルボキシラーゼによってこのシステイン酸から合成されます。私たち人間はこの合成経路の両酵素を持つために、タンパク質をしっかりと摂取していることで「タウリン」という形での摂取はなくても問題ありません。胆汁酸と縮合したタウロコール酸はコリル・コエンザイムAとタウリンから合成されます。 タウリンは1日に約200mgが排泄されます。

profile

渋谷DSクリニック 林博之院長

2005年にダイエット・部分痩せ専門クリニックとして渋谷DSクリニックを開院。 ダイエット専門医師としてダイエットにおけるあらゆる独自のノウハウを培ってきたパイオニア的存在。 ヒトが持つ本来の美しさを活かし、正しいダイエット方法を全ての人に伝える。的確なアドバイスが評判。

タウリンに関するその他の解説