甘草の利用方法は?

甘草の利用法

甘草は根や根茎を乾燥させたものを生薬として利用します。単独で甘草湯として用いられるほか、多くの漢方処方のベースとして使われている重要な生薬です。
また、甘草を粉末にしたものは甘味料としても使われ、多くの食品などに添加されています。甘草の甘味料が添加されている代表的なものに、醤油、味噌、タバコ、ジュースやお菓子、栄養ドリンクなどがあります。欧米でも自然で低カロリーな添加物として、お菓子や飲み物などに利用されています。

甘草はハーブティとしても楽しむことができ、風邪の引きはじめの諸症状の緩和や免疫力の強化といった効能も期待できます。独特の香りや苦味が感じられることもあるので、漢方同様、ほかのハーブと組み合わせてブレンドティとしていただくのがおすすめです。ブレンドする場合はミルやミキサーなどで挽くと使いやすく、甘草の成分もより多く抽出できるでしょう。
ほかにも、化粧品成分としても甘草のエキスは使われています。

甘草の利用法

profile

サプリ編集部

サプリメントに含まれる有名な成分をサプリ編集部が詳しく紹介します。 食品成分に含まれるさまざまな健康効果を学び、普段の食事からバランス良く栄養を摂りつつ、 必要な場合はサプリメントも上手に取り入れることで、健やかな毎日を過ごしましょう。

甘草に関するその他の解説