酵素にはアトピーを
和らげる効果がある?

アトピーの原因は酵素不足のせいだった!?

昔は肌の弱い赤ちゃんなどに多かったアトピー性皮膚炎ですが、最近では成人のアトピー患者が増えているといいます。さまざまな要因があるためその原因を特定することは難しいのですが、酵素不足もアトピー性皮膚炎の原因のひとつであるという説があるのです。

アトピー性皮膚炎に悩まされる人が増えてきた背景には、肉や牛乳、卵など動物性タンパク質の過剰摂取や栄養価の低い加工食品の多用、トランス脂肪酸を含む脂質過多、ハウスダストなど環境に依存したストレス因子といった条件が重なってしまう結果ではないかともいわれています。アトピー対策のための保湿クリームの油分が酸化して、さらに皮膚の乾燥を悪化させる…というケースも見受けられます。

消化・分解に多大な労力を要する脂質や添加物に体内の消化酵素が総動員され、代謝酵素が十分に機能しないということも考えられますが、酵素が不足すれば、身体の恒常性を維持し(ホメオスタシス)、免疫力や自然治癒力を正常に保つことも難しくなります。その結果、身体のバランスが崩れて免疫力が低下。日光や汚染された空気、異常な乾燥などの外部刺激に抵抗するための皮膚のバリア機能が正常に働かなくなってしまいます。

酵素のデトックス効果でトラブル回避

以上のようなことから、アトピー性皮膚炎の症状を和らげるためには、酵素を補って体内のバランスを整え、恒常性の維持を心がける必要があります。人間が本来持っている免疫機能や消化機能、代謝機能などが正常化することにより老廃物や毒素のデトックス効果を享受することができるのです。

もちろん酵素を含むサプリメントを摂ったからといって、すぐにアトピー性皮膚炎が改善されるわけではありません。ですが、これといった特効薬がないアトピー性皮膚炎の悩みを軽減するために日々の食習慣などを見直し、生野菜や果物、発酵食品、酵素ドリンク、酵素サプリなど食事計画を立て直すことは、意外に知られていないアトピー対策なのです。

profile

渋谷DSクリニック 林博之院長

2005年にダイエット・部分痩せ専門クリニックとして渋谷DSクリニックを開院。 ダイエット専門医師としてダイエットにおけるあらゆる独自のノウハウを培ってきたパイオニア的存在。 ヒトが持つ本来の美しさを活かし、正しいダイエット方法を全ての人に伝える。的確なアドバイスが評判。

酵素に関するその他の解説